2017年06月19日

感じてほしいから

相変わらず、璃玖の咳はひどいです。

特に深夜と朝方ねダッシュ(走り出すさま)
このまま倒れてしまうんじゃないかと思うくらい。

私もこの咳に慣れてきた今日この頃ですたらーっ(汗)



咳き込んでいても、散歩には行きたがる顔(なに〜)
その日の状態をみて、咳をしていても一緒に連れて行ったりします。
今日も行ってきました。
DSC_0439.JPG
歩かせるのは公園内の20mくらい。
本人が歩きたがる間だけ。

本当ならば家で大人しくしている方がいいんでしょう・・・・

でも。


見る・聞く・匂いを嗅ぐ・風を感じる


こういったことを璃玖が望んでいるのなら、出来る限りさせてあげたいな〜と思うのです。
というか、実感してほしいな〜と思うのです。
それが、たとえ結果的に寿命を縮めることになったとしても。


散歩に行かなかった時は必ず、めいや結璃のお尻のにおいを嗅いで

「どこ行ってきたの〜〜〜?」

って聞く璃玖。
これって大事なことじゃないかなと思います。


比較的、外にいるときは咳は控えめになりますが、
それでもたまに咳き込んで、周りからものすごく視線感じたりもしますけどね(苦笑)



毎日璃玖と相談しながら、璃玖の生きたいように過ごしていきたいですねわーい(嬉しい顔)



ニックネーム ぴょこ at 17:30| Comment(0) | 闘病記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]